ハイジニーナ脱毛を行うには

エステティックサロンなどの永久脱毛メニューのひとつ、ハイジニーナ脱毛を行うには、事前にアンダーヘアを剃っておく必要があります。
施術の3日前から前日までに処理をします。
しかしVラインはともかく、IラインやOラインに自分でカミソリを当てるのは難しいものです。

VIOライン用のシェーバーもありますが、肌が弱いとか慣れていないということから、肌を傷つけたり荒らしたり、不快な症状を招いてしまうことがあります。
ではなぜ永久脱毛をするのに自分で前処理をしなければならないのでしょうか。
いくら事後快適になるからといって、これはデメリットといえるのではないでしょうか。
エステで用いる脱毛器から照射される光は、黒い色に反応します。

剃った結果短くなったむだ毛も黒いので光が反応し、毛母細胞からむだ毛が抜け落ちます。
これを繰り返すことで再育毛を阻害するのです。
しかしむだ毛が長いと光が毛母細胞に作用しにくくなります。
そのため事前に剃る必要があり、長いままでは効果が期待できないので施術は受けられなくなります。
そのため肌を痛めないように丁寧に剃る必要があります。

したがって永久脱毛の恩恵を享受するためには、ぜひこのデメリットを克服をしなくてはなりません。
どうしても自分ではうまくできないという場合には、カウンセリングで相談しましょう。
永久脱毛をお願いするエステであれば、別メニューであるいは無料でこの前処理をしてもらえるところもあります。


ハイジニーナ脱毛で気になる事は痛みがどの程度かということになります。医療脱毛はレーザーを使うので出力も強く、ハイジニーナはデリケートで痛みを感じ易い部分ですから、より痛みのすくない光脱毛がいいかもしれません。ただし医療脱毛だと出力が強い分、効果の表れも早く、トータルで早く脱毛が完了するというメリットは捨てがたいものがあります。医療脱毛かサロン脱毛か、どちらにするかは事前に調べておくべきでしょう。 おすすめのサイトは、医療脱毛徹底ナビ〜エステとはどう違う?医師がいて安心の医療脱毛ランキング というサイトです。