毛を作る組織を破壊する行為

毛を作る組織を破壊する行為は法律で医療行為とされているため、医療機関での施術は永久脱毛の効果が高いと言えます。
医療機関では主に医療用レーザー脱毛が行われており、エステサロンよりも早く永久脱毛の効果を得ることができるのがメリットですが、デメリットもあることを知っておく必要があります。
脚の永久脱毛は大抵ヒザ上やヒザ下、ヒザ、甲や指などとパーツごとに分けられており、自分が脱毛を希望する部位を選ぶことになります。
デメリットとしては脚の広範囲を行うほど費用がかかるということです。

同じ箇所を行う場合でも医療用レーザー脱毛はエステサロンよりも倍以上の費用が掛かると言われているため、回数無制限プランがある所や満足できなかった時の返金プランのある医療機関を選ぶとよいでしょう。
また医療用レーザー脱毛では黒色に反応するレーザーを使用します。
顔や腕よりは日焼けについてあまり気を使わない場所でもあり、日焼けをしていると施術後に火傷のような状態になりかねないため、治まってから施術する必要があります。
脱毛後は肌乾燥した状態になるため、施術前からお肌が乾燥していたり、ケガをしていると施術ができない可能性があります。

その他にも指や甲など比較的骨に近い場所は施術の際に痛みを感じることがありますが、医療機関であれば麻酔をすることが可能(念のため医療機関に確認は必要)です。
場合によっては他の脱毛方法に変更する必要もあるでしょう。
これらのデメリットを理解して自分に合った医療機関で永久脱毛を行うようにしましょう。